SLOとは

一般社団法人SLカートスポーツ機構(SL Kart Organization)は、2006年にヤマハ発動機株式会社と日本カートランド協会(Japan Kart Land Association)によって設立されました。SLOの前身であるSLKC(SL Kart Club)は、1974年にヤマハ発動機株式会社が設立した日本最大のカートクラブです。またSLとはスポーツ&レジャーの頭文字です。その名の通り、誰もがより手軽に楽しめるカートの世界を感じて頂くとともに、ワンメークを基本とした車両を使用し、公平かつ安全で安価なカートレースの開催を目的として活動をしています。
特に1977年から続くSLカートレース全国大会は、全国各地で開催されるSLレースの上位ランカーが出場する、まさにSLレース日本一決定戦です。この全国大会の優勝者には、F1ドライバーをはじめ、国内外のトップカテゴリーで活躍されている多くのドライバーが、その名を残しています。SLレースはカートレースの登竜門としての位置付けだけでなく、レースルールやコースでのマナーを含めて、最初に経験するカテゴリーとして、非常に重要な役割を果たしていると言えます。
SLOはレース規則の策定だけではなく、SLメンバーズカードの発給および管理、ジュニアカーターの育成、カートの普及発展、インストラクター育成、アジア圏でのカートレースとの連携など行い、カートのよりよい環境作りを目指しています。

Top